【人事の小窓 ちょっと道草】育児と仕事の両立推進/渡邊 一樹

2013.02.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 社員の出産・育児支援として、皆さんの会社ではどのように取り組まれていますでしょうか?

 弊社の場合、社員が出産・育児を機に退社する必要のないよう、育児休暇制度や育児短時間制度などを整備して参りました。おかげさまで、今では多くの社員が利用しており、退社する社員も減少傾向となっています。しかし、それでも出産・育児を理由に退社する社員はおり、育児と仕事を両立できるかどうかで不安になっている社員が後を絶たないのも現実です。

 それら制度を利用した社員にヒアリングしてみると、…

筆者:ヤマト運輸㈱人事総務部 人事企画課長 渡邊 一樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月25日第2910号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ