【人事の小窓 ちょっと道草】「企業は人なり」/高橋 寿弘

2013.09.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年2月に現職を拝命したばかりの新米である点を、まずはお断りさせていただきたいと思います(笑)。

 総務部の仕事は多種多彩ですが、とくに重視しているのが「人づくり」。甲斐の武田節ではありませんが「人は石垣、人は城」です。

 数年前まで新入社員の採用を控えていた弊社にも、ここ数年、新しい息吹が毎年数人ずつ入社するようになりました。

 4月の入社式を無事に終えると、いよいよカリキュラムに沿った研修が始まります。会社の歴史や役員の方々との講話を通じ、弊社の歩みや基本的な考え方を理解してもらうのです。…

筆者:㈱阿部蒲鉾店 管理本部総務部総務部長 高橋 寿弘

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年9月23日第2938号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ