【人事の小窓 ちょっと道草】真の「人財育成」とは?/鈴木 裕人

2013.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 介護保育業界全体の離職率は他業界よりも高く、マスコミ報道では20~25%とのこと。原因は様ざまですが、ダントツの1位は「職場の人間関係」です。介護も保育も唯一絶対のやり方はなく、各自が知識と経験を駆使し、他の職員との報連相を密にして初めて、ご入居者様や園児の安心安全が確保されます。

 重要なのはコミュニケーションです。それが上手くできない実態があり、人間関係はギスギスし、結果的に退職の道を選ぶ人が多いのです。また、辞めても直ぐ再就職できる当業界の旺盛な中途採用意欲は、人間関係修復に費やすエネルギーを萎えさせてもいます。…

筆者:ライフサポート㈱ 人事課長 鈴木 裕人

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年3月11日第2912号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ