【人事の小窓 ちょっと道草】ものづくりの基本は健康と安全/野澤 篤史

2014.11.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社は、ヘアスプレー、殺虫剤などに使用されるエアゾール用バルブ並びにシャンプーやリンスなどのポンプ製品の設計開発・製造を、部品の生産からアッセンブリーまで一貫生産しているメーカーです。

 茨城県にある本社工場を製造拠点としており、社員が安全かつ快適に働ける職場環境を確保することに日々努めております。彼らの能力を最大限に発揮していただくためには、職場の安全衛生の確保はもとより、心身ともに健康であることが何より必要不可欠であると考えているためです。

 安全衛生活動については「安全」「衛生」そして「生産活動」とをリンクした”5S”の各委員会を設置して月次の活動を実行しており、不安全箇所の改善や”見える化”などの活動を推進しています。…

筆者:㈱三谷バルブ 執行役員総務部長 野澤 篤史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月24日第2994号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ