【人事の小窓 ちょっと道草】海外人材育成道すがら/児玉 照三

2013.05.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 弊社はウェザーストリップと呼ばれる自動車のドアシール製品を開発・設計・製造・販売しています。ウェザーストリップとは自動車の車内に浸入する風雨やホコリ、騒音を防ぎ、ドライビング空間を「快適」な環境に保つのに欠かせないものです。

 60年代後半からのモータリゼーションの波に乗り、国内の全自動車メーカーから受注を受け、製品を納入し続けているところです。

 以後、それらメーカー各社は国内需要の低迷に備えるかたちで率先してグローバル化を進め、生産拠点を次々と海外にシフト。当社においても、特に日系自動車各社の海外展開に伴い、86年の米国合弁会社設立を皮切りに、中国、タイ、インド、メキシコ、インドネシアまで海外生産拠点を拡充してきました。…

筆者:西川ゴム工業㈱ 専務取締役 児玉 照三

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月27日第2922号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ