【人事の小窓 ちょっと道草】人事労務に定説はない/菊川 英樹

2013.07.22 【労働新聞】

 大学卒業後、大手建材メーカーに就職し、そこで人事部に配属されて以来4社ほど転職しました。その後、一貫して人事畑を歩んでおります。

 生来、アバウトで面倒くさがりな性格なので、人事という職種に向いているとは思っておりませんが、故に転職するたびに上司に、そして仕事に鍛えられて今日に至っています。

 その甲斐あって、採用、教育、各種制度の構築、人件費管理、給与計算、社会保険手続き、労働争議、退職(勧奨含む)手続き…等々、人事周辺のすべての実務を経験することができ、それが自分の仕事に関する今現在の唯一の強みになっています。…

筆者:ハイトスコーポレーション㈱ 管理部人事総務課課長 菊川 英樹

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年7月22日第2930号5面

あわせて読みたい

ページトップ