【人事の小窓 ちょっと道草】障害者に少しの配慮を/石川 智子

2013.02.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「入社後の1週間で、2回ぐらい身の危険を感じた瞬間がありました」――これは、車椅子の従業員(以下T君)の言葉。

 当社は新社屋竣工により、エレベーター等のバリアフリー設備が整い、昨年初めて車椅子の障害者を採用しまた。しかし、就業上の一番の課題は、往復の通勤にありました。

 例えば、通勤時間帯に、自転車が猛スピードで歩道を駆け抜けたり、車道から歩道に突如進入してくることがよくあります。車椅子のT君は、その都度、自転車の荷物が顔面を直撃するのではないかと恐怖を感じています。…

筆者:日東工器㈱ 総務部人事課課長代理 石川 智子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月18日第2909号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ