【人事の小窓 ちょっと道草】ポイント退職金とEXCEL/上妻 浩雄

2014.10.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 皆さんの会社では、どのような退職金制度を採用していますか? 数ある制度の中で「ポイント制退職金制度」を採用している会社も多いと思います。勤続年数や職能資格等に対応して定められた「ポイント」を基に、退職金額(退職一時金)を算定する制度です。

 この制度を採用するに当たり、会社は人事制度の資格等級(または職務等級)制度により、毎年1回の人事評価による昇格・昇進等の人事が発令される仕組みが備わり、運用されていることが前提となっています。その結果として、社員個人ごとに資格等級の在籍期間や休職期間等を正確に記録しておくことが、絶対条件です。入社から定年退職までの四十数年間の人事履歴を正確に記録し、維持・管理すること――これがポイント制退職金制度の運用の要です。

 ここではシステム・コンサルタントの立場から、安易にEXCELを利用することの危険性を取り上げたいと思います。…

筆者:㈱エス・シー・アイ 代表取締役 中小企業診断士 上妻 浩雄

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月27日第2990号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ