高齢者の賃金設計方法指南 法改正セミナー

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 髙井・岡芹法律事務所、人事コンサルティング業の㈱日本人事総研、求人サイト運営の㈱ビズリーチは、3団体共催による企業経営層向けセミナー「待ったなし!経営者に求められる人事・労務・採用対策」を東京都内で開いた=写真

 セミナーの第1部では、髙井・岡芹法律事務所の岡芹健夫弁護士が「経営リスクを回避する高年法・労働契約法・派遣法の直前対策」と題して講演した。有期労働契約者に対する無期労働契約転換制度への対応など最新の法改正における実務上の留意点を示した。

 第2部は、日本人事総研の岡田勝彦代表取締役が60歳以降の賃金設計のポイントについて解説。賃金設計の類型を紹介するとともに、「高年齢者雇用安定法の改正に合わせ、全社員の賃金体系の再構築が必要」と強調した。

 3団体は今後、共催セミナーを年3~4回ペースで開催する予定。

平成25年3月25日第2914号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ