【今週の視点】「高齢法に抜け穴」は勇み足!?

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「合理的期待」が優先 1年更新でも雇止め困難

 「高年齢者法に抜け穴はあるのか」、人事担当者・社労士の間で、密かに危険な論議が交わされている。高年齢者を1年雇用で再雇用する際、更新基準として「契約満了時の業務量により判断する」などの条項を付すことができるか否かが問題の核心だ。この条件が飲めないのであれば、再雇用しないと迫られた場合、労働者に対抗手段が用意されているのだろうか。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月25日第2914号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ