【今週の視点】「円満退職」も立派な選択肢に 心身故障者の取扱い

2012.11.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

改正高年法で現実的対応

 改正高年齢者法の施行規則・告示が公示された。事業主サイドの関心が高い「心身故障者」の取扱いに関しては、告示の制定により「希望者全員継続雇用」の大原則が崩れるわけではない。しかし、実務的には、就業規則に継続雇用の拒否事由を盛り込むことにより、「業務に堪えられない」高齢者に対し、「円満退職」という選択を促すサインを送る効果も期待できる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月26日第2898号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ