【今週の視点】希望者全員雇用へ備える 事前に適性チェック

2012.08.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

いくつになっても挑戦を

 65歳までの希望者全員雇用の完全義務化が現実のものとなりつつある。少子高齢化の流れを受け厚生労働省がその先の70歳現役社会を提唱するなか、企業としてどう対応すればいいのか悩むところ。企業事例を参考に有効策を考えてみたい。事前に自己発見研修を行い、その後の意識変革・スキルアップにつなげる、その年なりの目標を持たせるなどの工夫がみられる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月6日第2883号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ