【今週の視点】「間接的な」再雇用拒否が焦点 希望者全員65歳制向け

2012.02.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

嫌がらせの低労働条件で

 厚生労働省の労働政策審議会は、「希望者全員65歳まで雇用」の実現に向けた建議を行った(平成24年1月23日付本紙1面参照)。事業主側は、自己防衛策として「高齢者が受け入れ難い低労働条件」を提示する方式により再雇用拒否の意向を間接的に示すことも予想される。最近の裁判例から「高年齢者雇用確保措置」をめぐり職場で生じたトラブルの実態を追ってみた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月13日第2860号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ