【今週の視点】猶予期間5年は長くない 建設業と運輸業 時間外の上限規制で 

2018.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

時短へ着実な歩みを

 働き方改革関連法により、時間外上限規制が強化される。新ルールは平成31年度から(中小企業は1年遅れ)適用されるが、建設の事業・自動車の運転の業務等については5年の猶予措置が設けられた。今回改正のインパクトを受け止めるためには、5年余の猶予期間も決して十分とはいえない。過去の「2009年問題」等の経験も踏まえ、前広の対応を心掛けたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年8月27日第3174号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ