【今週の視点】36協定 「半年ルール」明確化を

2016.11.21 【労働新聞】

特別条項見直しで 規制強化図る前提条件

 政府は、「働き方改革」の重要課題として「長時間労働の是正」を挙げている。厚生労働省設置の検討会では政策立案のベースとなる論議を進めているが、特別条項の規制強化も焦点の一つとなっている。企業担当者等は、「特別条項の発動回数は1年の半分以下」というルールの遵守に頭を痛めている。その運用上の難点について、現場から寄せられたご意見をまとめてみた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年11月21日第3089号7面

あわせて読みたい

ページトップ