過重労働対策強める 36協定、点検内容踏まえ 横浜北労基署

2012.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・横浜北労働基準監督署(木瀨克徳署長)は、平成24年度の監督指導方針を明らかにした。長時間労働の疑いがある企業に対し立入調査を積極的に実施するほか、小売業をはじめとする第三次産業の労働災害防止にも力を入れる。

 同労基署管内では、労働者やその家族からの長時間労働・賃金不払残業に関する労働相談がめだっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月21日第2873号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ