重機の接触防止評価 トンネル工事をパト 横浜北労基署

2017.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川・横浜北労働基準監督署(村上朋子署長)は、横浜市とともに、高速道路のシールドトンネル工事現場をパトロールした=写真

 村上署長は、「今年1月以降、管内において建設業で2件死亡災害が発生している」と話し、安全対策の徹底を呼び掛けた。

 パトロールでは、玉掛け時に荷を30センチメートル吊り上げた後、ズレがないかをチェックし、「1、2、3、吊り荷良し」と呼称してから吊り上げる安全対策の説明を受けたほか、階段の重量制限に配慮し誘導する様子などを確認。また、重機の稼働範囲や安全通路の可視化などを評価した。

平成29年2月27日第3102号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ