【今週の視点】長時間労働抑制が前提に 複数就業者の保護

2020.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働保険整備は一里塚

 雇用保険法等の改正法案が国会に上程された。注目点の一つはダブルワーカー保護に関する新しい枠組みだろう。雇用保険では65歳以上被保険者の二重加入を認め、労災保険では2事業場分の賃金合算額を補償の基礎とする。だが、改正が実現しても、過重労働防止に向けた事業主側の努力は不可欠で、安衛法の整備等への議論の進展に注目したい。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年3月9日第3248号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ