【賃金事例】カインズ/入社8年目から店長級へ 候補者に丸1年の昇格試験 最短モデル示し早期育成

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・大阪・名古屋圏を中心にホームセンターを展開する㈱カインズ(埼玉県本庄市、土屋裕雅社長)は、全8階層のグレード制度を採用し、最短で大卒入社8年目に店長クラスへ引き上げるキャリアパスを明示している。多様な業務を経験させて早期育成を図るとともに、幹部社員としての第一歩となるミドルマネジメント昇格試験では、教育プログラムを兼ねた取組みを1年間にわたって実施。定期的に3つの課題に取り組んでもらうなどして、店長に求められるスキルの修得を図っている。一方では職能要件とリンクする人事考課を半年単位で行い、フィードバック面接を徹底することで日常的に若手育成を推進している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月25日第2914号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ