【賃金事例】ライフコーポレーション/大括り化し”社員代行職”新設 初級はスキル習得で引上げ パートの昇給ルール見直す

2015.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱ライフコーポレーション(大阪本社・大阪市淀川区、岩崎高治社長)は今年5月、パートタイマーの等級制度を改定し、時給アップの仕組みを一新した。担当業務を一通り身に付けるまでは習得度で時給を引き上げ、中級以上では人事考課で標準を超えた場合に5~10円の昇給を行う。レジや商品分野ごとに分かれている各部門で計50項目あるステップアップシートをつくり、習得すべきスキルを整理している。一方で従来の計6等級を3等級へ大括り化し、社員を代行して部門運営に携わるアソシエイト区分を新設。固定化しがちだったパートの役割を広げ、本人の意欲と成長に合わせて処遇を高められる態勢を築いている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年7月13日第3024号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ