【フォーカス】カインズ/アルバイト・パートの活躍対策 セールストーク 商品展示会で学ばせる

2017.11.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

現場レベル底上げへ マニュアルは常時閲覧可

 ホームセンターチェーンを展開する㈱カインズ(埼玉県本庄市、土屋裕雅代表取締役社長、従業員2万1541人)はアルバイト・パート社員の採用・定着・育成に力を注いでいる。採用後は2日間、計8時間の導入研修に始まり、現場でのOJTを繰り返し行う。常時読めるよう社内に配備する業務マニュアル「テンキショ」で、現場作業のレベルの底上げを図る。セールストーク方法を習得できる機会として商品展示会を、商品の新情報を得る機会として商品知識勉強会を活用する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月6日第3135号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ