【追跡レポ】カインズ/女性の活躍支援策 柔軟に雇用区分変更へ

2012.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

正社員登用を体系化 育休復帰でパート転換も

「マスター社員研修」では熱い議論を交わす

 ホームセンター大手の㈱カインズ(群馬県高崎市、土屋裕雄社長、従業員数8890人)では、雇用区分を柔軟に行き来できる制度を体系化している。パートには、マスター社員を経て正社員に登用する道を開いた。一方で、退職した正社員が、ショートパートとして復帰できる「ジョブ・リターン制度」、育児休業後、6時間未満でしか働けない社員がショートパートとして復帰できる「社員区分変更制度」を新設。いずれも、要件を満たせば段階的に正社員への復帰が可能。それぞれの状況で、働き方を選べることが優秀な女性人材の定着につながっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年7月23日第2882号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ