【追跡レポ】SGホールディングス/ わくわくウィメンズプロジェクト 女性メンバーが38施策提案

2013.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

育児・介護制度を拡充 女性整備チーム発足も

都市圏のエリアでは小荷物配送で女性が大活躍

 佐川急便㈱を中核とするSGホールディングス(東京都江東区、栗和田榮一社長、グループ従業員数7万2357人)グループでは、2014年度にグループ事業の30%を女性が担う体制をめざし、グループ全体の女性従業員の活躍支援とワーク・ライフ・バランス推進に取り組んでいる。少子化への対応や女性ニーズの高まりなどが背景にある。女性メンバーによる「わくわくウィメンズプロジェクト」が結成され38項目の施策を提案。育児・介護制度の拡充、制服の見直しなどが次々に実施に移されている。職域拡大の一環で女性整備チームも誕生した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月28日第2906号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ