【追跡レポ】トーリツ/介護職場のWLB推進策 多様な働き方整備し定着へ

2014.03.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

雇用形態転換も自在に 4つのキャリアコース提示

管理者研修で新人事制度について説明する鈴木社長

 介護事業を手がける㈱トーリツ(東京都葛飾区、鈴木恵理子社長、従業員数179人)では、女性スタッフの定着・成長に向け、働きやすい環境整備を進めている。「多様なシフト勤務」の導入で働く時間帯に配慮。家庭の事情等に合わせて雇用形態の転換も可能とした。4方向の将来像を描ける「キャリアマップ」も作成してやる気向上につなげている。東京都が主催する東京ワーク・ライフ・バランス認定企業に、平成21年度「育児・介護休業制度充実部門」、25年度「多様な勤務形態導入部門」で初の2部門認定となった同社の取組みを紹介する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月17日第2961号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ