【追跡レポ】廣貫堂/働きがいのある職場づくり 飲みニケーションで本音語らう

2016.07.27 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

週1回は「ノー残業」 WLB実現へ多くの施策

現場の社員と経営層がざっくばらんに語らっている

 ㈱廣貫堂(富山県富山市、塩井保彦代表取締役、541人)は、誰もが働きたい職場づくりをめざし、従業員のワーク・ライフ・バランス(WLB)実現や女性活躍推進といった運動を進めている。WLB対策では、製造現場で行っていた毎週水曜日をノー残業デーにする取組みを全社に広げた。女性活躍に向けては、管理職増加を目標に、県の展開する支援制度を有効活用している。社員と経営層が胸襟を開き意見を交換し合うインフォーマルミーティングも好評だ。現場の思いに経営層が耳を傾け、働きがい向上につながっている。

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月25日第3074号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ