【追跡レポ】お佛壇のやまき/WLB対策 年休100%消化者へ追加休暇

2017.01.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

家族との時間最大化 18時閉店徹底し残業抑制

今では全社員が多能職化し休みやすい職場に

 仏壇や仏具、墓石の小売販売を行う㈱お佛壇のやまき(静岡県静岡市葵区、浅野秀浩代表取締役社長、33人)では、18時閉店の徹底や、年次有給休暇取得率100%の社員に対して、ボーナス休暇を与えるといったワーク・ライフ・バランス(WLB)の実現に向けた取組みを進めている。

 社員が家庭で過ごす時間を最大化することで、家族を大切に思う気持ちを醸成し、身内を亡くしたばかりの顧客へ良い提案を行おうとしている。近年は「多能職化」も進み社員の作業効率が向上、気軽に休みやすい環境が整っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月26日第3094号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ