【追跡レポ】プレスク/多様な休暇促進制度 社員間投票で年休を評価

2016.03.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

取引先と月1回会合 働き方改革へ理解求める

ファミリーデーで社員の子供と触れ合う湯浅社長(右)

 IT業の㈱プレスク(東京都千代田区、湯浅信代表取締役、29人)は、良い年次有給休暇を過ごした社員を表彰する「E-Vacation制度」をはじめとする多様な休暇制度を設けることで、社員の労働時間削減に取り組んでいる。月1回開催する常駐先顧客とのミーティングで、自社社員の残業時間などを確認し、情報共有・改善する活動を展開。帰属意識を高めることを狙うCSR活動も積極的で、2015年は植樹活動を行った。働き方全体の好循環が進み、3年連続で新卒も採用、定着に結び付いている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月28日第3058号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ