【追跡レポ】マイネット/シェア研修 新入社員の競争意識高める

2016.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

メリットは"低費用" 同業10社が合同で実施

 スマートフォン向けゲームの開発・運営を展開する㈱マイネット(東京都港区、上原仁代表取締役社長、300人)では、新入社員研修の一部を同業他社と合同で行う「シェア研修」を実施し、マナーやネットリテラシーを高めている。参加する企業のなかで講師を担える人材を探すことで、外部委託するよりも大幅な費用削減に。同期に同じ職種のいない新入社員の競争意識を駆り立てる効果もある。山場はプレゼンテーションバトルで、各社が対抗形式で争う。アウトプット能力を大きく伸ばすことに役立っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月27日第3070号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ