【追跡レポ】ホンダ/新エルゴ評価システム 作業姿勢を徹底検証

2012.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

“見える化”し改善へ 評価者育成に研修実施

各事業所で評価者育成の研修を実施

 本田技研工業㈱(東京都港区、伊東孝紳社長、従業員数・連結18万7094人、単独2万4888人)はこのほど、エルゴノミクス(人間工学)に力学的動作分析を加えた「作業姿勢評価システム」(新エルゴ評価システム)を開発した。筋骨格系疾病の予防につなげる。エクセルを活用した同システムは、作業者の身体的負荷をすべて数値により“見える化”できるため、誰が評価者になっても評価のバラツキが生じず、改善ポイントもつかみやすくなったと評判だ。普及に向けて、現場の評価者育成に向けた研修も各事業所でスタートしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月3日第2887号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ