55歳以上対象に早期退職優遇制 ホンダ・来春導入

2020.12.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 本田技研工業㈱(東京都港区、八郷隆弘代表取締役社長)は来年4月、55歳以上を対象に早期退職優遇制度を導入する。優遇措置の詳細は今後検討するが、社員にはすでに割増退職金の支給や再就職支援を行うことを明らかにしている。

 同社では2017年から65歳選択定年制を採用しており、55歳時に希望する定年年齢を確認し、59歳で確定する手続きを採っている。一方で60歳に達すると、給与水準は一般社員層の場合で従前の8割になる。新制度の導入によって、55歳の段階で再就職や早期リタイアの選択肢を設けるのが狙い。恒久的な制度とは位置付けず、1年ごとに継続を判断していく。

関連キーワード:
令和2年12月21日第3285号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。