【追跡レポ】日本バルカー工業/グローバル戦略 中国現地人材の育成拡充

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

幹部へ経営研修実施 工場社員に座学と実習も

龍騰研修中間発表会を開催し優秀グループを表彰

 日本バルカー工業㈱(東京都品川区、瀧澤利一社長、本体459人、グループ1790人)では、中国での工場生産・販売網の拡大に伴い、現地人材の育成策を拡充している。幹部向けには、財務、経営理論、戦略、生産管理、購買などについての座学講座を受講させるとともに、経営課題を社長に提言させている。経営にかかわる課題図書も与えレポート提出を義務付けた。工場社員向けには、班長・副班長を対象に、品質管理、生産性向上などについての座学講座を月1回実施し、工場で実際に生産性向上の方法などを考えさせる改善活動も行っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月24日第2902号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ