【追跡レポ】日本旅行の若手社員育成策 7年間で骨太人材に成長へ

2012.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

階層別研修を隔年実施 偶数年に人事が育成面談

早期登用へリーダーシッププログラムを開催

 ㈱日本旅行(東京都港区、丸尾和明社長、社員数・本体2478人、連結4471人)では、入社7年目までを若手社員の育成期間と位置付け、1・3・5・7年目の隔年ごとに階層別研修を実施している。研修のない偶数年には人事部が各支店を巡回して「育成面談」を行い、実態把握に努めている。業況厳しく、新たなビジネスモデル構築が求められるなか、自律した“骨太人材”の育成をめざした。育成期間を経た若者のチャレンジの場として今年4月から、早期登用につなげる選抜教育――「リーダーシップ開発プログラム」もスタートしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月20日第2885号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ