【追跡レポ】富士文具/若手定着対策 OJT徹底し経験積ませる

2016.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

売場づくり通じて成長 県の支援制度有効活用も

 文房具の卸売業を営む㈱富士文具(埼玉県川口市、石田義明代表取締役社長、73人)は、若手社員に徹底したOJTにより早い段階から積極的に売場づくりをさせる経験を積ませて自信を持たせることで、職場への定着につなげている。入社直後の研修が終わると、先輩社員に付いて歩き、チェーン店ごとの特色など、売場づくりのノウハウを学ぶ。年に数回開く各種親睦会の実施で職場内の一体感醸成にも取り組む。一方、埼玉県が中小企業を対象に実施した資格取得の費用負担といった支援策も有効活用した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月23日第3065号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ