【追跡レポ】カルビー/自立型新入社員育成策 留学生も同じ研修を体験

2012.10.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

多様性意識しペア設定 性別・国籍など越え融合

研修スタート時に今後の取組み課題を発表

 カルビー㈱(東京都千代田区、伊東秀二社長、従業員数・連結3053人、単独1494人)では、ダイバーシティー(多様性)を意識した採用・人材育成を強化している。男女ほぼ半々の採用を続けているほか、昨年入社組から、新卒者の3割程度を目安に外国人留学生を採用している。新入社員全員が、各工場に分かれたチームごとに「問題解決研修」に取り組む。基本単位となるペアは、なるべく違う属性(性別、国籍、文系・理系、性格)の組合せにするのが特徴だ。自分と違う価値観の人間と意見をぶつけ合いながら結論を導き出すことで、自立性とコミュニケーション能力の醸成につなげる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月29日第2894号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ