【追跡レポ】カルビー/女性の活躍推進策 両立支援へ5つの新制度

2015.07.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

育休早期復帰に感謝金 短時間→フル トライアル制度導入も

各務原工場でトライアル実施した臨時託児所

 カルビー㈱(東京都千代田区、伊藤秀二社長、従業員・単体1519人)では、ライフイベントが女性活躍の阻害要因とならないようサポートし、早期復帰を奨励する5つの制度を新設した。ダイバーシティ推進の一環。育休取得1年以内に復職した社員への「感謝金」や育児短時間勤務からフルタイムに復帰する際の「学童準備金」など費用補助を強化する一方、育児短時間勤務からフルタイム勤務に戻る際の不安材料をなくすトライアル制度、工場ごとの判断で導入可能な臨時託児所、やむを得ず退職する社員の再雇用エントリー制度など幅広い施策を整備。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月27日第3026号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ