【追跡レポ】KDDI/テレワーク勤務制度 多様な働き方をサポート

2012.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

BCPや節電対応も 早朝出社+在宅勤務でエコ

■シンクライアント方式(自宅PC)/リモートアクセス概要

 KDDI㈱(東京都千代田区、田中孝司社長、社員数・連結1万8418人)では、「テレワーク(在宅)勤務制度」を拡充している。従来からの育児・介護との両立支援に加え、非常時の事業継続や節電への対応を視野に、多くの社員が活用できる制度に再構築。ICT環境を充実する一方で、資格要件や利用日数の制限撤廃など規程も大幅見直しへ。昨夏の節電対応で導入したサマータイム出勤(7時・8時出社)と在宅勤務の組合せなど多様な勤務形態は、働き方の選択肢を広げるツールとして現在も部署ごとの判断で活用中だ。同社の取組みを追った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月2日第2867号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ