就業時間の20%で社内副業 他業務へ挑戦可能に KDDI

2020.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

目標管理通じ成果も反映

 KDDI㈱(東京都千代田区、髙橋誠代表取締役社長)は、正社員約1.1万人を対象とし、就業時間のうち20%を費やして他部署の業務を経験できる「社内副業制度」を導入した。各部署が募集する「イノベーション創出につながる業務」へ最大で6カ月間、挑戦できるもので、すでに63人が副業を開始している。社内からの「専門性を磨く場が欲しい」などの声に応えたもので、今後の成果次第では対象範囲をグループ全体および他社にも広げるとしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年7月20日第3265号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ