【追跡レポ】テンプスタッフ/女性の活躍推進策 ”残業なし”営業部が発足

2015.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

働き方の新モデルに 3つのルールを徹底し

マネージャーに復帰した前田さんは2児のママ

 人材サービスのテンプスタッフ㈱(東京都渋谷区、水田正道社長、従業員数・連結1万2587人)では今年4月、育児など時間に制約のあるなかで働く女性社員のみで構成する「ダイバーシティ営業部」を発足させた。担当顧客数を7割程度に軽減したうえで、事務作業の分業化、会議等の効率化、スケジュールの見直しなど「3つの運用ルール」を徹底することで、定時内で終える営業活動を可能にした。同営業部の発足により、管理職に復帰した社員もおり、労働時間にかかわらずキャリアを高めていける新しいロールモデルとして定着をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月28日第3034号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ