【追跡レポ】DACグループ/女性活用推進策 3年連続して”北欧視察”実施

2016.03.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

女性管理職比率38%に ダイバーシティ 会社間で進捗競い合う

女性の管理職や役員が多く働く

 DACグループ(東京都台東区、石川和則代表、449人)では、女性活躍に向けた様ざまな取組みを推し進めている。2012~14年にかけては、女性活用に積極的な北欧の国々を視察し、ダイバーシティ推進や労働時間の短縮といった成果につなげている。15年度にはグループ企業を競わせる「ダイバーシティAWARD」を初めて実施。管理職以上の役職への登用も積極的に行っており、すでに38%を女性が占めている。今年度の東京都女性活躍推進大賞で民間企業で唯一大賞を受賞した同グループの取組みを紹介しよう。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月29日第3054号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ