【追跡レポ】第一生命/ダイバーシティ推進策 メンターネットワークを構築

2012.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全エリア職の底上げへ 推進者に上位メンターも

ダイバーシティ推進者とリーダーが意見交換

 第一生命保険㈱(東京都千代田区、渡邉光一郎社長、従業員数5万7572人)では、内勤職のうち特にエリア職員(旧一般職)の戦力化に主眼を置いたダイバーシティ推進策が効果を上げている。主に管理職候補の女性職員がダイバーシティ推進者となり、一般女性職員の意識改革・行動改革の牽引役(メンター)としてアドバイス。同推進者にも上位メンターとして所属を越えたブロックリーダーを配置し、全女性職員をカバーする「メンターネットワーク」を構築したことで女性管理職の継続的増加に結実した。上位職をめざす女性の割合も着実に増えている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月21日第2873号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ