【追跡レポ】西友/ダイバーシティ推進策 パートから店長への道示す

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

転換制度と環境整備で 女性役員らがサポート役

顧客ニーズに敏感な女性店長が活躍する店舗が増加

 合同会社西友(東京都北区、スティーブ・デイカスCEO、従業員数1万7981人〈正社員以外1万3717人含む〉)では、女性活用を中心としたダイバーシティ推進の取組みを加速している。パート社員の正社員登用制度により、2006年以降で336人がアシスタント・マネジャーに昇格(うち女性146人)。女性上級管理職らによるボランティアチーム「女性リーダーカウンシル」が、次世代リーダー輩出に向けてイベント等を通じた社員とのコミュニケーションを図り課題を抽出、経営陣への提言を行うことにより環境整備に貢献している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月9日第2972号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ