【追跡レポ】リーディングサポート/ダイバーシティ経営 女性、LGBTでも働ける職場へ

2016.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

採用活動は地元中心 資格取得費用を全額負担

引越し部門で梱包でも女性が活躍

 トラック運送業の㈱リーディングサポート(茨城県つくば市、髙埜広司代表取締役、50人)では、女性・高齢者・LGBTといった多様な人材を採用し、活躍できる環境整備に努めている。特に地元人材の採用・育成に熱心で、大型免許などの取得にかかった費用は全額会社が負担する。女性や高齢者でも働き続けられるよう、負担の軽い引越し部門を立ち上げる工夫も。働きやすい環境づくりをめざし、取引先へ訪問して時短に向けた改善を要請する活動も展開している。" ユースエール"などの公的な認定取得もめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月12日第3080号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ