ダイバーシティ経営 大橋運輸などプライム認定 経産省

2021.04.07 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済産業省は、「令和2年度新・ダイバーシティ経営企業100選」を公表した。とくに優れた取組みを行う企業を認定する「プライム」には、大橋運輸㈱(愛知県瀬戸市)などを選出している。

 同社は人材確保の困難さを背景に、①既存社員の働きやすい環境の整備、②女性の積極採用および活躍推進、③外国人の現地採用、④LGBTQ人材の採用と活躍に向けた基盤づくり――を推進してきた。現在は、育児や介護などの制約のある社員でも働けるよう、事務職に短時間勤務制度を運用中。週3日・1日4時間を最低基準に、柔軟な勤務体系を認めている。

令和3年4月12日第3300号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ