【追跡レポ】サイバーエージェント/女性の活躍支援策 妊活休暇・相談制度を新設

2014.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

用途伏せて申請可能に 男女使えるキッズ休暇も

イントラ社内報の育児支援ページで情報発信

 ㈱サイバーエージェント(東京都渋谷区、藤田晋社長、社員2764人)では、女性が長く働き続けられる職場環境づくりの一環として今年5月から、新制度「マカロンパッケージ」を導入した。不妊治療のための「妊活休暇」や女性特有の体調不良の際に取得できる「特別休暇」をそれぞれ月1日設定。通常の年休と合わせてすべて「エフ休(female休暇)」の名称で統一し、利用目的を知られずに気兼ねなく申請できる態勢を確立した。社内でカウンセリングを受けられる「妊活コンシェル」も用意。男女とも使える「キッズデイ休暇」は子育てパパにも好評だ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月15日第2985号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ