【追跡レポ】神戸製鋼所 加古川製鉄所/女性技能職の活躍支援

2014.08.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

交替勤務24時間託児所を用意 定期的にセクハラ教育も

オペレーション作業を行う交替勤務従事者

 ㈱神戸製鋼所(兵庫県神戸市、川崎博也社長、従業員数・連結3万6019人)の生産拠点である加古川製鉄所(兵庫県加古川市、柴田耕一郎所長、従業員数約2500人)では昨年度から今年度にかけて、3人の技能系女性班長が誕生している。いずれも女性の深夜労働規制が撤廃された1999年度の第1期高卒入社組。仕事と子育てを両立しながらキャリアアップを果たしてきた。交替勤務に従事する育児ママに24時間対応の託児施設を提供する一方、セクハラ防止研修を定期的に行うなど全社員の意識向上に努め、働きやすい環境づくりを促進している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月18日第2981号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ