【追跡レポ】COCO-LO/看護・介護職の両立支援策 働くママに無料託児所提供

2012.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

育児経験をプラス評価 研修充実しスキル向上も

社内託児所があるので安心して働ける

 訪問看護、デイサービス事業などを展開する㈲COCO―LO(群馬県桐生市、雅樂川陽子社長、従業員45人)では、育児経験をプラス評価する方針を掲げている。3歳までの育児休業や復帰者を支援・優遇する制度の整備、社内託児所の無料提供など「仕事と家庭の両立支援策」を拡充。研修制度の充実などによりスキルアップを図る一方、土日を休業とし年間120日の休日を確保。年休取得を奨励し平均取得率が75%に達するなどワーク・ライフ・バランスを重視した結果、優秀な人材の確保・定着とサービス向上につながり、経営面でも大躍進を遂げている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月30日第2858号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ