【追跡レポ】サイボウズ/ウルトラワーク制度 自由な働き方 時間・場所の制約なくす

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

在宅勤務と組合せも 個人・チームの生産性向上

カフェで仕事をすると集中できて能率が上がる

 ビジネス向けWebサービスの開発、販売、保守を行うサイボウズ㈱(東京都文京区、青野慶久社長、従業員数・連結357人)では、グループウエアを活用した「ウルトラワーク」制度を試験導入した。上司承認の下、前日までに登録しておけば、労働基準法の範囲内で深夜や早朝を含めた好きな時間帯に、好きな場所で働ける。既存の在宅勤務制度と組み合わせ多様な働き方が可能に。裁量労働制などの「ワーク重視」型と、原則残業なしの「ライフ重視」型を選べる同社で、「チーム」「個人」両方の生産性向上につながる新たな働き方を探る試みだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月3日第2899号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ