【追跡レポ】アドウェイズ/WLB推進策 社員の子どもが子会社役員に

2015.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

働きやすい制度設計へ 家族ニーズ聞く場を設定

第1回「子ども役員会」で元気に手を挙げる子ども役員たち

 インターネット広告大手の㈱アドウェイズ(東京都新宿区、岡村陽久社長、グループ従業員・約1000人)では、社員の子ども・家族の視点でワーク・ライフ・バランス施策を考える子会社、㈱「アドウェイズベイビー」(大牟田伸洋会長)を設立した。アドウェイズの「愛社員課」が『在宅勤務』や『子ども特別休暇』などの制度を提案し、アドウェイズベイビーの子ども役員の承認を経て制度化。愛社員課はコンシェルジュとして、社員に最適な制度の活用法をアドバイスする。結婚や出産を迎える社員が増えるなか、柔軟な働き方をサポートする。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月23日第3006号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ