【追跡レポ】三和化学研究所/WLB推進策 使いやすさ重視で満足度向上

2012.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

男性の育休取得が増加 いつでも短時間勤務可能

第2子出産で長男の面倒をみるために取得を決意

 医薬品開発・製造販売の㈱三和化学研究所(愛知県名古屋市、山本一雄社長、従業員数・1488人)では、ワーク・ライフ・バランス(WLB=仕事と生活の調和)の実現に向け、支援策を拡充している。法定を上回る育児・介護休業制度をはじめ、登録をしておけばいつでも育児・介護短時間勤務の権利を行使できるなど使いやすさを重視したことで社員満足度が向上。管理職の意識改革を促す研修の実施や育児休業の5日間有給化などにより男性の取得者も増加した。厚生労働省「平成24年度均等・両立推進企業表彰~ファミリー・フレンドリー企業部門・愛知労働局長優良賞」を受賞した同社の取組みを紹介する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月19日第2897号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ