【追跡レポ】リコー/エフェクティブ・ワーキングタイム制度 新フレックスで朝型シフト

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

20~8時は就業禁止 意識徹底へeラーニング

 ㈱リコー(東京都中央区、三浦善司社長、連結従業員数10万8195人)では4月から、新たなフレックスタイム制度を導入した。5年の休止期間を経てのリニューアル復活。ワークスタイルを朝型にシフトし、自律的・効率的に働くことで生産性とワーク・ライフ・マネジメントの向上をめざす。コアタイムの開始時刻を早め(基本9時~15時30分)、8時~20時までをフレックスタイム制の適用対象時間帯と規定、20時~8時は原則「就業禁止」としているのが特徴だ。eラーニングで就業ルールを徹底し自己管理意識を高める工夫も。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月6日第2987号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ